サービスフローの整理
serviceflowname

サービスフローの設計とは

「サービスフローの設計」では、お客様の購買心理を分析しつつ、商品の魅力の伝え方から、受注・納品後のフォローに至るまで、顧客目線でサービス全体の流れを見える化します。

お悩み例

  • お客様の問い合わせは入るのに、うまく受注へつなげられていない
  • 担当者により商品の強みの伝え方や、受注までの手続きの説明が違っている
  • お客様をサポートする関係部門の連携がイマイチで、気が付くとお客様が離れている

解決策

  • お客様の目線や気持ちで自社商品を眺め、問い合わせ対応の改善点が明らかになる
  • 関係者でわかりやすい商品の強みや手続きの説明を考える機会になる
  • 全社でどのようにフォローしたらお客様の受注を後押しできるか部門横断で見えてくる

シクミカならではの支援

カスタマージャーニーマップを活用した顧客目線のサービスフロー設計

サービスフローの構築や見直しには、カスタマージャーニーマップを使ったワークショップを実施します。カスタマージャーニーマップとは、お客様(カスタマー)の行動・思考・感情などの動きを旅(ジャーニー)に例えて、地図(マップ)のように図式化するマーケティングの手法です。企業が自社の商品・サービスを振り返る際に有効なものですが、使いこなすには慣れが必要です。シクミカでは、お客様の業種・業態にあわせたフォーム調整やファシリテーションを行うことで、サービスフローの設計・構築にカスタマージャーニーマップを最大限生かせるよう支援いたします。

お客様の声

新規サービスをテーマにワークショップを実施(士業)

経営者様

スタッフと一緒にワークショップを行うことで、これから始めるサービスのイメージ共有を図ることができました。特に、商品やサービス開発の場面で、このワークショップは有用だと感じました。

スタッフ様

お客様の人物設定を明確にし、その人の気持ちを想像することで、お客様が求めるものと、私たちにできることを具体化できました。途中で話が脱線しても司会できちんと戻してもらい、最初は少し緊張しましたがリラックスした雰囲気でとても楽しかったです。

サービスの流れ

1. 事前ヒアリング

お客様の状況を確認して、シクミカで支援できることをお伝えします。初回のご相談は無料です。

2. 提案内容の提示

ヒアリングの後、お客様の状況に応じたワークショップ内容のご提案と、お見積概算をご案内いたします。ご要望などお伝えいただきご検討ください。

3. お申し込み・実施準備

ワークショップ内容とご利用料金を確定して、お申込みをいただきます。ワークショップで対象とする事業内容や、実施で狙う目的などを伺いながら事前準備を進めます。

4. 窓口担当者の決定と参加者への案内

貴社にてワークショップを主催いただく窓口担当者を指定いただき、ワークショップご参加者を選定のうえ、実施目的や当日のスケジュール、事前の課題や積極的な発言の推奨などをご案内いただきます。

5. ワークショップの実施

ワークショップ実施の際はシクミカでファシリテーションを行い、ご参加者の発言を促したり、ヒントを伝えたりします。

6. 実施レポートのご報告

ご参加者への感想の依頼やワークショップでの反応、目的に対する次のアクションなどを実施レポートにまとめてご報告いたします。(報告内容は一例です)

ご利用料金例

実際にはお客様のご要望に基づいて算出するため、ご参考価格です。

1. 経営者様お一人による新規事業の業務フロー設計をイメージする個別ワークショップ

時間目安 レクチャー&ワークショップ2~3時間程度
実施内容 レクチャー、ヒアリングをしながらカスタマージャーニーマップを作成、実施レポート作成
納品物 カスタマージャーニーマップ、実施レポート
参考価格 3万円(税別)

2. 社員様6名程度で社内業務の改善をテーマにした集合研修方式ワークショップ

時間目安 事前打ち合わせ約1.5時間、レクチャー&ワークショップ2.5~3時間程度
実施内容 事前打ち合わせ、レクチャー、ファシリテーションによるカスタマージャーニーマップ作成支援、実施レポート作成
納品物 カスタマージャーニーマップ、実施レポート
参考価格 8万円(税別)